本文へジャンプ


  
下津海水浴場監視長挨拶




 
 2011年度下津海水浴場監視長の新涼太です。

今年度も両浜とも無事故で終わることができました。
今年は東日本大震災で被災した状況の中、開設も危ぶまれましたが、市役所をはじめ、観光協会、海上保安庁、警察署、消防署等、関係所機関の皆様、そしてOBOGの方々、現役メンバーの皆に支えられ、このような未曾有の状況の下、7月16日〜8月21日の37日間を開設できました。

開設させて頂けたこと、そして何より無事終われたことに、感謝の気持ちでいっぱいであります。
放射線の問題がありましたが、毎日2回、大気中の放射線検査をし、また定期的な県による水質の検査でも、身体には異常のない数値でした。

放射線問題がニュースで取り上げられたり、自粛というムードのなか、復興のためには、私たちは立ち止まってはいけない、という思いでやってきました。
本当に私たちは、たくさんの皆様に支えられて活動できているのだと、改めて深く感じました。そして、このような状況の下遊びにきてくださったお客様、ありがとうございました。


お客様にたくさん来てもらい、楽しんでもらうことが私たちの活動の原点であります。これからも安全で楽しい海水浴場つくりに務めてまいりますので、ぜひ来年度も下津海水浴場にお越し下さい!


2011年度 下津監視長 新涼太




 Copyright(C)2006-2007 KASHIMA LIFE GUARD TEAM. All rights reserved.