本文へジャンプ


  
現役メンバーから、みなさんへメッセージ

峯田 真悠子 (早稲田大学4年)


 「EM(エントリーマネージメント)とは何だろう?」
この言葉を見たみなさんがまず最初にもたれる疑問ではないかと思います。鹿嶋ライフガードチームではこのEMという制度を用いて新たなライフセーバーを発掘したいと考えています。
 

 現在日本の海水浴場を守るライフセーバーの大半が学生でることをご存知でしようか?まだまだオーストラリアや欧米のように一つの職業として確立していない日本ではどうしても学生頼りになってしまうのが現状です。またこの学生たちの大半が大学の部活動、サークルに所属した上で全国各地のライフセービングクラブに所属し、監視活動を行うという流れが主流となっています。


 そこで鹿嶋ライフガードチームでは「これでは在籍している大学や専門学校にライフセービングクラブがなければライフセーバーになれる道が狭くなってしまう!」という考えから学校でライフセービングを始めるきっかけがなかった学生でも積極的に採用していき、一緒に鹿嶋の海の安全を守りながらチームメンバーとして楽しく活動していければとEMを開始しました。


 鹿嶋ライフガードチームはつい数年前までは早稲田大学の学生しか在籍していませんでした。しかし今では法政大学、明治大学、流通経済大学、少し遡れば日本女子大学や日本体育大学、多摩美術大学、東京工業大学など様々なメンバーの集まるクラブとなってきました。少しでもライフセービング活動に興味のあるみなさん、いろんな学校のメンバーたちとお互いに刺激しあい最高の学生生活を送ってみませんか?所属する学校だけでは味わえない楽しさが鹿嶋には待ってるかもしれませんよ!!









 Copyright(C)2006-2007 KASHIMA LIFE GUARD TEAM. All rights reserved.