本文へジャンプ


  
現役メンバーから、みなさんへメッセージ

櫻井 俊介 (明治大学2年)

鹿嶋ライフガードチームに入って

私にとって、ライフセービング活動は「未知への挑戦」です。
そして鹿嶋ライフガードチームは私の挑戦を受け入れてくれる、大切なホームです。

ここでは私が大学でライフセービング活動を始めたきっかけと、実際に入ってからの経験を少しですが話させていただきます。

高校時代の私は水泳経験もなく、部活動はお遊び程度の文化部。放課後はバイトをして友達と遊んで、たまに勉強をする程度の生活でした。
そんな私がライフセービングに興味を持ったのはごく浅く、軽い考えでした。 「海」に行くきっかけができ、適度な運動が出来る環境っていいなと思ったのです。
そしてひと夏海を海で過ごす、華やかな夏を想像していました。
しかし、ライフセービング活動は楽しいだけの軽い活動ではありませんでした。


ここで鹿嶋ライフガードチームの紹介を。
鹿嶋ライフガードチームは学生が中心となり、7月後半から8月後半にかけての監視活動を行っています。
またそれ以外にも1年を通して定期練習会や海浜清掃、夏前には地元の小中学校へ訪問しての海の安全教室など、安全で楽しい海水浴場作りのために様々な活動を行っています。
また、地域に密着したクラブを目指し、地元のイベントにも積極的に参加しています。
他ライフセービングクラブと比べ特徴的なのは、NPO法人であること、そして学生がその運営を行っている点です。
NPO(Non Profit Organization 非営利活動法人)は一般社会からの高い信頼を得られる反面、多くの制約が課されます。
それを学生主体で運営するということは、想像以上に難しいことです。
理事会が中心とな り、予算の作成や総会の実施、外部機関への報告業務など、ライフセービング活動にプラスしてこれらの仕事もこなしています。 話を私自身の話に戻しますが、つまり、ライフセービング活動は定期的に海に来て楽しく体を動かして、華やかにひと夏を過ごす活動ではなかったのです。(ごく当たり前のこと なのですが)

この活動の中心には常に、自然を相手に取り、人の安全を守る使命があります。
私たちはその絶対的目的のために、海と触れ合い、自己と向き合い、仲間と競い合います。
全ての活動がこの目的につながっています。
ライフセービングは、良いことだらけの活動ではありません。多くの時間をかけ、辛きを耐え、それでも後悔するかもしれません。
絶対的なゴールラインはどこにもなく、あるのは「無事故」という最低ラインのみ。
しかし、その中でしか掴むことができないもの、見ることができない景色があります。


私にとって、ライフセービング活動は「未知への挑戦」です。 そして鹿嶋ライフガードチームは私の挑戦を受け入れてくれる、大切なホームです。
あなたにとって、ライフセービング活動とはどのようなものになるでしょうか?
私たちと一緒に、あなたも新しい世界への第一歩を踏み出してみませんか。
あなたの参加をお待ちしています。









 Copyright(C)2006-2007 KASHIMA LIFE GUARD TEAM. All rights reserved.